在拓也把我的事情都忘記以後,我望進他深邃的黑色眼睛,那麼懵懂,

帶一點點困窘的抱歉,還有飽含真摯的合宜距離,我就知道,那個還認識我的拓也已經到很深很深的森林裡,流浪去了。

我只能這麼想,依然清楚記得說喜歡我的拓也的我,現在只能這麼想了。



  拓也は私の事が忘れた後、彼の奥深い真黒目に見て、そんなにわかりにくい。

  少し照れて、ごめんの事を持って、また本気を包まれていい距離だ。分かった。そんな私に知り合い拓也は、もう、深く森の内に流浪しいく。

  私はそう思っている。ずっと覚えた彼は私の事を好きになったの私、今だけそう思っている。

    全站熱搜

    晴菜 發表在 痞客邦 留言(2) 人氣()